Search:

休日の朝は

5月 14th, 2015

先日、天気が良かったので、読みかけの文庫本を一冊持って散歩に行きました。朝起きて天気の良い休日は、家で寝ているのが勿体なく感じてしまいます。仕事がある日の朝はなかなか布団から出られないものですが、休日の朝はなぜか目覚ましよりも早く目が覚めることってありませんか?
散歩に行く前に、まず軽くストレッチをして身体を伸ばします。いきなり身体を動かすとびっくりしてしまいますから、軽く準備運動です。それから、朝ごはんも欠かせません。散歩中に倒れたりしたら大変ですから、なるべくお茶碗一杯のご飯かトーストを食べるように心掛けています。それから水分補給も大切ですね。コップ一杯の水分は朝食の時に飲むべきなんだそうです。
万全の準備を整えて散歩に出発。私の朝の散歩コースはいくつかありますが、その日は15分くらい歩いた先にある公園に行きました。大きな花壇には季節の花々が咲いていて、いつも綺麗に手入れされているので感心しています。広い公園なのですが、朝早いと人も少ないのが魅力。静かなベンチで読書ができるので嬉しいです。持ってきた文庫を読んでいたら、あっという間に2時間経ってしまいました。帰り道は頭もスッキリして気持ちが良かったです。

誕生日パーティーに呼ばれて

4月 30th, 2015

先日、友達の子どもの誕生日パーティーがあり、お呼ばれしたので行ってきました。主役のK君は今年で5歳。子どもが大きくなるのってあっという間だなあと感じます。生まれたばかりの頃は、50cmくらいしかなかったのに、今は私の腰くらいの身長になっていました。
男の子なので、やはり興味は戦隊ヒーローに向かっているのだそうで、家にはヒーローのおもちゃがたくさんコレクションされていました。お父さんも一緒にハマっているのだそうで、放送日の朝は息子と共に早起きをしてテレビを眺めているのだとか。なんだか良いパパですね(笑)そのことは事前に聞いていたので、本屋さんでヒーロー関連の本を買ってプレゼントに持っていきました。
パーティーには私を含めて10人くらいの友達と、4人くらい小さな子が集まっていました。幼稚園のお友達だったのでしょうか。私があげたプレゼントをK君が開けると、「わー!すげー!」「いいなー」とみんな羨ましそうに覗きこんでいました。大人気の作品なんだなと改めて実感しました。
パーティーでは手作りのケーキやローストポーク、カレー、ポップコーンなどごちそうが盛りだくさん!美味しかったので、私もおなかいっぱい食べてしまいました。

癒しの猫カフェ

4月 14th, 2015

友達に誘われて、猫カフェに行ってきました。テレビや雑誌では見たことのある猫カフェですが、行ったのは初めて。どういうシステムなのか分からないので、常連の友達についていく感じで入店しました。店内は入場制限があるため、私たちが行った時はすでに3組待ちの状態でした。30分ほど近くの本屋さんで時間を潰し、そこから再びお店に戻りました。平日の昼間だったのに、結構な混雑具合。こんなに人気だったのね。
お店の入口には「人気の子ベスト3」という写真つきのポスターが。なんだかホストクラブみたいだね、と言うと友達に笑われました。店内には、私たちを含めて10人くらいの客がいました。カフェなのでドリンクを1杯頼み、時間が来るまでネコたちと遊ぶことができるシステムです。
さすがお店のネコちゃんだけあって、みんな毛並も艶やか。臭いもなく、よく手入れされています。椅子の下や棚の上で昼寝をしてる子が多く、そっと触ってみると静かに目を開けて喉を鳴らしました。人馴れしてるんですね。常連のお客さんも結構いて、お気に入りの子の写真を撮ったり猫じゃらしで遊んでいました。
初めて行きましたが、なるほど、これは癒しかもしれませんね。機会があればそのうちまた行ってみたいです。

ミラクルリーディング

3月 30th, 2015

私の友達に、カードのリーディングを仕事でしている人がいます。先日、彼女と会う時間があったため、最近の私の運勢などをリーディングしてもらいました。最近は風邪をひきやすかったり疲れやすかったり、どうにも体調が整わず…。健康運が下がっているのかもしれないですね。彼女は霊感というか、第六巻が優れているようで、目に見えないその人のオーラが見えるのだそうです。
さてさて、視てもらったところ、たしかに健康の運気が右肩下がりで落ちているようです。その原因は、なんとご先祖様!そういえばここ最近、ちゃんとお墓参りに行っていません。ご先祖様に挨拶をして大切に扱ってください、というサインなのだそう。わー、そんなところまで分かってしまうのか…と鳥肌がたちました。また、「創造性」に関するカードが出ているので、絵でも手芸でも、なにかを作ると運気が上がるのだそうです。料理でもいいのかな?(笑)
友達がやっているようなカードにも色々な種類があって、なかには怖い絵柄のカードもありますね。本屋さんのスピリチュアルコーナーでカードを扱っている場合もあります。ぱっと見て、「これがいいな」と思ったカードが自分をリーディングするのに適しているそうですよ。私も探してみようかな。

片付ける習慣

3月 14th, 2015

物を集めるのは大好きな私ですが、整理整頓はその分苦手だったりします…。本をたくさん買って読んでも、読んだ本がそのまま山積み…。本棚に入れても整頓されてない、みたいな。キッチンでも洋服ダンスでも同じで、集めるのはいいんだけど綺麗に保管できないんですよね…。先日、我が家に遊びにきた友達から「綺麗に整頓することは、物に対する敬意の表れだよ」と説教をされてしまいました…。たしかに、彼女の言う通り…。うう。
では、どうやったらグチャグチャにならずに保管できるか、3つの方法を考えました。1つは、やりっぱなしにしない。使った後や読んだ後は、必ず元の場所に戻すこと。2つめは、分類すること。同じ種類のもの同士、置く場所を決めること。すると取り出すときも分かりやすくなるはずです。そして3つめ、「とりあえずBOX」を設置する。これは、戻す場所が分からなかったり、あとで戻そうと思っているものをひとまず入れておく場所です。これを設置することにより、部屋のあちらこちらに物が散らばる現象が減るはず…と考えております。とりあえずBOXは近所の雑貨屋さんで調達してこようと思います。
以上3つを遂行し、物を大切にする習慣を身に着けることを誓います。

犬を飼うということ

2月 28th, 2015

先月から従妹が犬を飼い始めたらしく、会いに行ってきました。犬種はゴールデンレトリバーの女の子。まだ子犬なので小さくてぬいぐるみみたいなのですが、1年間であっという間に大きくなる犬種ですね。信頼できるブリーダーさんから譲り受けたらしいです。私が顔を見せると、警戒することなく元気よく飛びかかってきました。もちろん襲おうとしているのではなく、遊んでほしい一心のようです。人間が大好きなんですねー。
私も犬が好きなので、犬の図鑑を持っていたりしますが、実際に飼い主になるのはやはり大変ですね…。毎日の散歩、食事、体調管理…etcまさに家族が一人増えるのと同じでしょうね。従妹は家族内で、散歩担当や餌担当など役割分担をしっかり決めているのだそうです。
こんなにフワフワな子なら、寝る時は抱っこして寝たくなっちゃうだろうなあと素直に思ってしまったのですが、犬と一緒に寝るのは、しつけの上ではあまり良くないと本で読んだことがあります。同じ布団で寝るというのは、彼らにとって兄弟と同じ扱いということになり、飼い主と飼い犬という主従関係が崩れるおそれがあるのですって。飼う以上、彼らの命を守るためにも主従関係をしっかり教えるのも、飼い主の責任なのかもしれませんね。

めくる楽しみ

2月 14th, 2015

我が家のトイレには日めくりカレンダーを飾っています。仕事場の同僚からもらった「みつを」さんの日めくりカレンダーです。1日ずつめくるなんて、めんどくさがりやの私にできるかなあ?と最初は思っていたのですが、意外と苦にならないのですよ。朝起きてトイレに行くと、1枚ペロンとめくるのが習慣になりました。
「人間だもの」など、短いセンテンスでフっと心に響いてくるようなみつをさんの言葉たち。その日の自分の戒めにしたり、疲れて帰ってきた自分への励ましの言葉として受け取ったり、私の心に栄養を与えてくれる言葉たちです。相田みつをさん、これまで名前と有名な詩くらいは知っていましたが、365日分もあると、「ああ、こんな詩もあったのか」と新しい言葉たちとの出会いがあります。
来年のカレンダーも、また同じ日めくり詩集がいいなあと言ったら、母に笑われました。母は毎年犬やネコの可愛いカレンダーを買ってくるので、日めくり詩集が新鮮だったようです。「この年齢になっても、人の言葉にハっとしたり考えさせられて勉強になることってあるのねえ」と、トイレから出た後に言っていました。このカレンダーは、母にも良い影響を与えているみたいです。

本の価値

1月 31st, 2015

昔、本を売ってとても損をしたことがあります。学生時代に大好きなバンドがいて、よくライブに行っていたのですが、ライブでしか手に入れられない写真集を運良く入手することができたんです。100ページ以上ある豪華なもので、とても気に入りました。しかし、数年後には違うバンドにハマり例の写真集は押し入れの奥底へ…。しばらく後に発掘したのですが、すっかり熱が冷めていた私は近所の大型古書店に売ってしまったのです。古本にしては高めの800円程の値で売れました。
そして、しばらく経ってから驚いたことに、なんとその本、ネットオークションでは8万円以上で売られている超プレミアだったのです!!私の売った値段の100倍!!なんて勿体ない手放し方をしたんだろうと後悔しました。物を売る時は、価値を確かめてから慎重に売らなくてはいけないなと猛反省…。何より、そんなに価値のある写真集になるんだったら手放さないでずっと手元に置いておけばよかったなあと思いました。その本がどれだけ大切なものかは、一人一人の感じ方で違うと思いますが、大切な一冊を手放すときは、よーくよーく検討しないといけませんね。そんな昔話を、ふと思い出してしまいました。

本屋さんの看板犬

1月 14th, 2015

駅からほど近いところに古書店があり、小さい頃からお世話になっています。店主の趣味で難しい医学の本やドイツ語で書かれた本が多く、昔は親の買い物に付き合って足を運んでいました。
店主はとても優しいおじいさんで、年老いた犬を飼っています。私が小さい頃にはまだ子犬だったのですが、今では立派なおじいちゃん犬になりました。雑種なのですが、茶色の毛がとてもかっこいいのです。お店の前に繋がれていて、お客さんが来ると伸びをして挨拶をしてくれます。昔、お店に泥棒が入った時はこの子が泥棒に噛みついたおかげで何も盗まれずに済んだのだそうです。本当の話なのか、店主の作り話なのかは知りませんが、子ども心に「かっこいい!」と思いました。
先日、久しぶりに足を運んだところ、私の顔を覚えてくれていたようで勢いよく尻尾を振って挨拶してくれました。昔ほどの勢いはないものの、まだまだ元気そうで安心しました。もうおじいちゃん犬ですが、古書店の看板犬は、昔と変わらず現在も町の人に愛されているみたいです。お店の前を通る人に、たくさん声をかけられていましたよ。穏やかな性格なので、子どもにも大人気です。犬ながら、素敵な老後を過ごしているようです。

人生という大きな道を歩む事

12月 31st, 2014

時間が許す限り、寄り道は決して無駄ではないと思っています。どこかで懐かしい誰かに会うかも知れないし、欲しいと思っていたものを見つけるかもしれない、掘り出し物に出会うかもしれない。人生もそれと一緒で、時間が許すなら寄り道したって良いと思う。人生って大きな道だと思うんです。誰もが、その人生と呼ばれた不思議で決められていない道を進んでいるんです。もしかしたら道を踏み外す事もあるかもしれない。でもそれが間違いだったと気づく事ができたならそれは無駄ではなんでもないんです。道でもあり、なんだか旅でもありますね、人生って。一つの道が終わったと思ったら、自分のどこかにまた新しい道があるはずなんです。例えば学生時代を終えて社会人としての一歩を踏み出す時とか。新しい一歩はいつも不安だし、ためらう時もあります。でもそれも自分を強くして前へ進む一歩となるんです。芸能人の方や夢を叶えた方の手記を読むのは、その人達が通ってきた道を文章として読む事ができ、こんな苦労やあんな幸せ、失敗と成功を繰り返して築きあげた人生だといつも感動させられます。自分の人生はそこまで素晴らしい物じゃないかもしれないけど、誇りを持って自分の道を進んで生きていけたらいいかなと思います。

おしゃれ用にと思ってネットでウィッグを検索したらものすごい数があってびっくりしました!
値段も結構安くて、バリエーション豊富でどれ買ったらいいか迷っちゃいますね(笑)